NG邸/NG House reform

主要用途/Principal use :   住宅リフォーム House reform
所在地/Location :      東京都港区南青山 
               Minami-aoyama Minato-ku Tokyo

延床面積/Gross floor area : 48.82㎡
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      1995年1月 January1995

J 邸/J House

主要用途/Principal use :   住宅 House
所在地/Location :      兵庫県西宮市 Nishinomiya-shi Kobe Pre.
敷地面積/Lot area :     868.79㎡
建築面積/Building area:   222.60㎡
延床面積/Gross floor area : 314.23㎡
規模/Dimension :      地上2階 2 stories above
構造/ Structure :      RC造木造 RC,Wooden
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      1992年6月 June1992

J邸

NOAHの方舟

 ペット7匹と夫婦のための住宅である。最初は木造でという要望だったがプランを練っているうち広めのガラス屋根をもつ住宅になっていったこと、2階のテラスのありかた、構造スパンの考え方から1階はRC造にし2階を木造にすることを進めた。アドバイスを受け入れるのとそのための追加予算も確保してくれたので混構造の住宅が竣工したが、5年後の阪神大震災で隣接する癰壁が完全に崩れて隣家が傾いたのにも拘らず、この住宅は殆ど無傷で残った。何となく船の形を思い起こさせるデザインだったので雑誌の発表の時『NOAHの方舟』とよんでいたが、施主からは、災害の後、家の主人と共に動物を守ってくれた本当のNOAHの方舟になった住宅でしたね、と喜んでもらえた。

 

J House

 The house is located on a posh hill area with views of Kobe harbor. As the owner couple of the house is very fond of animals and had always lived with their pets, one of the focuses of the house is the first floor plan in which the pet room is designed like a sunroom. The other prominent element of the house is the view from the garden that shows the main rooms’ layout as a single line, like de Versailles Palace in France.

 Designs including its motif, material and colors for both the interior and the exterior of the first floor are determined by the pet’s behavior patterns and the overall style is in traditional taste to match its urban environment. On the other hand, design for of the second floor is in a more resort like style to express the privacy of the area. 

 The structure for the first floor is concrete while that of the second floor is wood; such hybrid structure allows 2 different design module for the each floor that enhances the two different ambiences created in each floor. Also, this light wooden structure on a strong concrete structure base had given the house a strength to survive the Great Kobe Earthquake of January 1995. The only damage to the house from the quake was only a single crack on a glass, while the house next door had a major damage on its foundation that made the whole house tilted After the earthquake, the client told to me that the name of “the Arch of Noah” that I had given to this project because its shape had reminded me of a boat at the time of designing was indeed a name with a foresight that saved the their lives as well as the lives of their pets.

Y邸 / Y House

主要用途/Principal use :   別荘 Second House
所在地/Location :      長野県北佐久郡 Kitasaku-gun Nagano Pre.
敷地面積/Lot area :     1143.15㎡
建築面積/Building area:   227.27㎡
延床面積/Gross floor area : 224.33㎡
規模/Dimension :      地上2階 2 stories above
構造/ Structure :      木造  Wooden
撮影/Photo :        新建築写真部 Shinkenchiku Photo dept.
竣工/Completion :      1992年3月 March1992

Rec Earth CG Studio

主要用途/Principal use :   オフィス及びショールーム Office & Showroom
所在地/Location :      東京都港区南麻布 Minami-azabu Minato-ku Tokyo
延床面積/Gross floor area : 162.00㎡
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      1992年2月 February1992

Rec Earth CG Studio

The interior design for a computer graphic studio is conceived from the client’s wish that his work ambience should not look “serious”, but “a funky and junky and intelligent space” to quote his words. 

 The studio being a creative space devoted to computers, I imagined an environment where every facilities in the room including furniture has a mind of its own, moving organically, and may even start to work by itself without the presence of human being. 

 The image I had was not that of a nightmarish machine dominated space created by the progress of computer technology, but the space that provokes new ideas, new associations, and new energy to us humans through the organic presence of computers and facilities: A space where you can think innovative with a good feeling.

JAPCO

主要用途/Principal use :   タイヤショップ Tire shop
所在地/Location :      東京都新宿区 Shinjyuku-ku Tokyo
延床面積/Gross floor area : 42.28㎡
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      1991年3月 March1991

木皿邸/Kisara House

主要用途/Principal use :   住宅 House
所在地/Location :      東京都世田谷区池尻 Ikejiri Setagaya-ku Tokyo
敷地面積/Lot area :     84.64㎡
建築面積/Building area:   44.89㎡
延床面積/Gross floor area : 124.55㎡
規模/Dimension :      地上3階 3 stories above
構造/ Structure :      木造  Wooden
撮影/Photo :        中川 敦玲 Nobuaki NAKAGAWA
竣工/Completion :      1990年11月 November1990

焼酎公園Gen / Shochu Koen Gen

主要用途/Principal use :   酒造工場、多目的ホール、レストラン、店舗、公園
               Brewing factory,Hall,Restaurant,Shop,Park

所在地/Location :      鹿児島県姶良郡 Aira-gun Kagoshima Pre.
敷地面積/Lot area :     20036㎡
建築面積/Building area:   2112.02㎡
延床面積/Gross floor area : 2857.51㎡
規模/Dimension :      地上2階 2 stories above
構造/ Structure :      鉄骨造  Steel
撮影/Photo :        福元 学 Manabu FUKUMOTO
竣工/Completion :      1990年9月 September1990
設計協力/Cooperation:   畠中建築設計事務所 Hatanaka architectural office

焼酎公園Gen

 焼酎の製造工場、その酒造行程を見せる見学通路、レストランにもなる試飲室、焼酎についての解説及び展示物を置くホール、売店が、この建物のプログラムだった。
 三方は茶畑に囲まれており、後方は杉林、さらにその奥は鹿児島空港、その先は霧島という背景に恵まれた立地条件であった。また、客を迎え入れる施設でありながら、ローコストでおさめなければならない工場のスペースのほうが、プログラムにおいて大きな比重を占めていたことから、借景の手法を二重に生かすことにした。
 まず、建物の立地条件のレベルで、敷地を襲ってくるかのような茶畑に対し、扇型のハーブ園をワンクッションとして、建物が水平に広がりながら、各部分は平行に配置された。その背景には、空を目指している杉の木があり、杉林と霧島の間から飛行機が飛び立つのが見える。
 建物内のレベルでは、前面にある程度インパクトをもつ展示室と焼酎瓶、一歩後ろに見学通路、さらに後方に工場棟を並列させた。 
 これは、杉林と茶畑と建物の関係においても同様で、引き立て役と引き立てられ役の関係の中で、与えられた要望を含むボリューム整理をした結果である。ただし、お互いの役割の分担にヒエラルギーをつくることを避けたかったこともあり、おのおののエレメントにおける借景的な関係を対象として考えた。そのために、形のレベルであろうと、材質や色のレベルであろうと、できるだけストレートなものを選んだ。ちょうど甘い日本酒とともに塩を味わうように、杉林の濃緑の環境にガルバリウムの冷たさを置いてみた。工場の水平線に対し、瓶の垂直な線、店舗棟や展示室の曲線と曲面。陰と陽であるかのように、ひとつの形がもうひとつの形を呼ぶのである。
 そして舞台装置は出来上がった。
 室内に関しては、ひとつのストーリー性をもたせたかった。日本で初めてバイオテクノロジーの手法を用いて焼酎をつくった施主である錦灘酒造の話がヒントになり、バイオテクノロジーによる酒造法を理解してもらうためには、見学者を『ミクロの決死園』へ誘うしかないと思った。一升瓶の60倍のあるエントランスポーチで、訪れる人が縮小してしまったかのような気持ちにさせる。流れる焼酎への連想としての鏡張り見学通路で、蒸し器や蒸留器のいろいろな行程を経てくる液体の流れを追ってもらう。総樫造りとはならなかったが、樫樽をイメージした展示兼多目的ホールは誰彼となく自然にバレルホールと呼んでくれるようになったし、じっくり時が経つにつれて成長していく蒸留酒、および焼酎の歴史を思い起こしてもらうようにしてみた。
 消費空間である試飲室および店舗は、逆にストーリー性のない無機質な雰囲気をつくろうとした。なぜなら、宇宙船にもっていくお酒があるとしたら、それはビールやワイン、ウィスキーなどの色のあるお酒より、透明な蒸留酒が相応しいと思ったからである。その意味でのバイオテクノロジーによる酒であり、またひとつだけもっていく食品として、これから生命となる卵を選んでみたのである。

日本ベニヤ保養所/ Japan veneer rest house

主要用途/Principal use :   保養所 Second House
所在地/Location :      長野県軽井沢 Karuizawa Nagano Pre.
敷地面積/Lot area :     1140㎡
建築面積/Building area:   227.34㎡
延床面積/Gross floor area : 227.34㎡
規模/Dimension :      地上1階 1 stories above
構造/ Structure :      木造  Wooden
撮影/Photo :        中川 敦玲 Nobuaki NAKAGAWA
竣工/Completion :      1990年6月 June1990

けしルーム/Poppy room

場所/Place:アジア太平洋博覧会セゾン館内 福岡県福岡市早良区
      Asia Pacific Ocean Expo SAISON pavilion (Fukuoka Pre.)

1989.03.17〜09.03

撮影/Photo:岡本 公二 Koji OKAMOTO

けしルーム

 アジア太平洋博覧会のセゾン館の中で「けしルーム」を担当した。実際にけしをバイオテクノロジーで栽培し、その過程を見せるという、日本で初めての企画である。
 発芽、育成、生長の3台の機械を展示するということから、空間も三つに分けた。発芽の部屋は種子の形に、育成の部屋は開花という意味で扇形にし、天井もそれぞれ部屋のコンセプトに応じて形を変えた。空をイメージとした白いスリットは、発芽の部屋では狭く、育成の部屋では少し大きくし、生長の部屋では天井全体に及んでいる。
 けしには麻薬という面がある。阿片戦争で代表されるように、アジアの歴史は麻薬の歴史でもあった。この部屋のゴールド・正四面体のフリーズは、麻薬の黄金の三角地帯からの連想である。『インディ・ショーンズ』の映画のように、一歩踏み外せば危険が待ち受けている麻薬を表現したデザインを、ドアなどに取り入れた。

澤辺邸 / Sawabe House

主要用途/Principal use :   別荘 Second House
所在地/Location :      群馬県吾妻郡 Azuma-gun Gunma Pre.
敷地面積/Lot area :     1416.00㎡
建築面積/Building area:   104.27㎡
延床面積/Gross floor area : 167.00㎡
規模/Dimension :      地上2階 2 stories above
構造/ Structure :      木造  Wooden
撮影/Photo :        堀内広治 矢田康順
            Koji HORIUCHI Yasukazu YADA
竣工/Completion :      1988年7月 July1988