VITUPヘルスケアタウン~シニア住宅開発/ VITUP Healthcare Town ~Senior Care Housing Complex

主要用途/Principal use :       シニア住宅 Senior care house
所在地/Location :          大連 中国 Dalian China
延床面積/Gross floor area :     156000㎡
撮影/Photo :            GBS
共同設計/Collaborative design :   Altac
ランドスケープ/Landscape design : Equipe espace/Kiichi TANAKA

T House

主要用途/Principal use :   別荘 Second house
所在地/Location :      長野県 Nagano Pre.
敷地面積/Lot area :     1770.50㎡
建築面積/Building area:   73.79㎡
延床面積/Gross floor area : 216.52㎡
規模/Dimension :      地上2階 2 stories above
構造/Structure :      木造一部S造  Wooden,Steel
撮影/Photo :        GBS
竣工/Completion :      2018年4月 April2018 

渡邊邸/Watanabe House

主要用途/Principal use :   住宅 House
所在地/Location :      兵庫県西宮市 Nishinomiya Hyogo Pre.
敷地面積/Lot area :     395.73㎡
建築面積/Building area:   97.34㎡
延床面積/Gross floor area : 157.47㎡
規模/Dimension :      地上2階 2 stories above
構造/Structure :      木造  Wooden
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      2008年5月 May2008 

渡邊邸

 屋根の上にテラスを乗せてしまった住宅はこれで8件目。丸い展望テラスの案が浮かんだときに自分はマンネリ化しているのではと一瞬不安になった。しかし、狭い日本、庭空間を住宅の上に乗せてしまうというのは正しいソリューションなので、使う手法としてそれっきりにする必要もないのではと思った。勿論、渡邊邸の敷地は日本としては決して狭くないが、景色を様々なアイレベルで見る事で何種類もの風景を楽しむというのは意義ある事であろう。

 この敷地、東に魅了的なビューをもつ土地であったが、同時に大阪城にも使われた岩だらけの土地でもある事が施主を悩ませていた。造成工事費用が当然余分にかかってしまうが、そのままの状態ではローンもつかない区画、同じ造成工事が、その土地の担保価値を上げられるはずだと説明をし、計画に入った。祖父母と一緒に住む可能性を含んだ三世台住宅として、凸凹の土地の岩を削りながら一階を将来、倉庫にユニットバス等を設けてバリアフリー化できる住宅を設計した。土地自体のデザインから始まる住宅設計は2回目であるが、ステンドグラスアーティストの御主人の作品が組まれるという事で、いわゆる施主とのコラボレーションによる住宅は初めてである。それゆえに、ステンドグラスを通過し壁に映り込む色を邪魔しないために真っ白な空間を作ったが、その映り込みとビューとの関係を考慮に開口部デザインを進めた:アイレベルの窓はビューを楽しむために透明に、上の空を眺める窓にはステンドガラスが設けられるようにした。そして後者の開口部を壁や斜め天井ぎりぎりに設ける事によって、太陽の移り変わりによって、ステンドグラスの光がウォールウォッシャーのように室内空間をなめるようにした。一方ビュー用の窓は当然ピクチャーウインドウのように見せたくないものは隠す位置や形状とし、またお風呂場とリビングの関係のように、隣接する空間を介して風景を取り入れられるようにした。

 一方ステンドガラスをはめ込む開口部の幾つかは隣接する部屋を眺めたり、その光等取り入れるためにも使われていたり、さらに2階に上がる階段の踏み板にも一部ご主人様の作品を組み込んだ。

 この水平のステンドグラスは階段空間に思いがけない演出効果をもたらしてくれた。動線にはその延長に、GLでは70度のビューを360度のビューにしてくれる展望円形テラスへ導いてくれる外階段があるが、そういえば妻からもらったLED ZEPPELINのCDでSTAIRWAY TO HEAVENを聞きながら設計していた事を思い出した。

 

Watanabe House

 The house with a terrace on the roof is my 8th project based on my roof-top terrace concept. I imagine I am not the only architect in Japan, where we are always faced with a problem of not having enough space, to come up with this roof-top idea. But for this peculiar project, my concern was not on saving space, but on maximizing the character of the site which is blessed with a marvelous view of Kobe bay, a design that can express the full advantage of its land situation.

 I wanted my client to enjoy the grand view from every room, including the bathroom, by setting interior windows overlooking into the living space to catch and share the panoramic view of the living room.

 The client of the house being a stained glass artist, the color scheme for the entire interior is white to enhance his art works featured in the house. In fact the client is the artist who had created the stained glass for my former project, the J house. I took particular care in the placements of the windows so that they are placed exactly at the right places when you are looking from outside and at the same time give the pleasant reflection of the colored lights on the wall, floors and ceilings from his stained glasses. 

 The picture shows the interior as yet to be finished since not all the stained glasses are put in places. As the artist owner always works on his own client’s stained glasses before his own pieces, only 1/6 of the pieces had been set when the photograph was taken. Therefore the house is still in progress as of now.

A House

主要用途/Principal use :   別荘 Second House
所在地/Location :      静岡県 Shizuoka Pre.
敷地面積/Lot area :     284.71㎡
建築面積/Building area:   111.47㎡
延床面積/Gross floor area : 192.03㎡
規模/Dimension :      地上2階+塔屋階 2 stories above
構造/ Structure :      RC造  RC
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      2008年3月 March2008

A邸

 一面みかん畑の丘の上に建つ別荘である。北側に富士山、駿河湾と湾内の島々、その変化に富んだ海岸線、そして裏山等の眺めを追っていくと、360度の風景を楽しめる敷地である。蜜柑の木の高さを超えたレベルからこの眺めが展開する事から、2階にこの住宅の主な空間を置き、3階には富士山と海に向かうバーベーキューテラスを設けた。その結果、 頭デッカチな建物ができたが、雨を凌げる玄関側の駐車スペース、逆の勝手口側に趣味の釣りの魚さばきスペースが確保できた。

 360度の風景といってもハイライトである富士山側の眺めを最大限に取り入れる為に、北側の外壁の長さを少し延ばした。それによって2階の各スペースに微妙なねじれが生まれた。XYの完全なシメトリーに対し、この自己主張するでもないねじれは外観を少し和らげているのではないかと思う。同じようにパステルカラーの仕上げ材や古材のフローリングもコンクリートの冷たさに少し暖かさを与えているのではと思っている。

 風景をテーマとした建物では、当然開口部周りの詳細が重要なポイントとなるのだが、外を見せるだけが窓に求められる役目ではない。今回は2階の外周で柱を建てなくても成立する構造だったが、シャッター、サッシ、網戸、ロールスクリーン、ワイヤー式の手すりをおさめるためにH鋼のポストを建てた。公園法で定められている屋根形状や庇の出っぱりを利用して、夜のガラス面での照明の映り込みを低減するために、シャッターケースと抱き合わせで外周回りに間接照明を通した。

 

A House

 The owner spend more than 2 years to find a place where he can enjoy a grand view of Mount Fuji and the ocean, and at the same time close to a port from where he could take a boat to go to a good spot for his fishing hobby. The land he had bought at last was Shizuoka where there is not only a magnificent view of the Mount Fuji in one direction, but grand views all around 360 degrees. Alas, or by chance, the long sought for location was in the middle of a mandarin plantation, and so the grand view can be enjoyed only from the 2nd floor level. 

 The shape of the building is reflects this special situation of the land. The 1st floor is devoted to parking space and a place to clean freshly fished fish without getting wet when it rains and preventing bringing fishy smell back home. The wife is happy to have the smell problem solved and also to have a little space of her own to paint with young Japanese artists whose artworks are to be placed in the house. 

 The circular promenade plan of the 2nd floor is designed with minimum quantity of structural bearing walls to create its stoic style. Stoic in a way that the walls are simple and understated not to disturb the coming art, but designed with care for their orientations, size, and lighting.
Why are the artworks not shown in the photos? Because the wife has ordered almost all the artworks to be created specially for their house, and the artists were still working (some on them on the 1st floor) on them when the photographer was shooting this photo. So, here also is a house in progress.

鈴木邸&ヘアサロン/Suzuki House & Hair salon

主要用途/Principal use :   自宅兼ヘアサロン House & Hair salon
所在地/Location :      熊本県熊本市新屋敷 
               Shinyashiki Kumamoto-shi Kumamoto
Pre.
敷地面積/Lot area :     186.54㎡
建築面積/Building area:   97.54㎡
延床面積/Gross floor area : 136.04㎡
規模/Dimension :      地上2階 2 stories above
構造/ Structure :      木造 Wooden 
撮影/Photo :        堤あこ&GBS Ako TSUTSUMI & GBS
竣工/Completion :      2006年3月 March2006

Y邸/Y House

主要用途/Principal use :   住宅 House
所在地/Location :      東京都八王子市台町 
               Daimachi Hachioji-shi Tokyo

敷地面積/Lot area :     231.06㎡
建築面積/Building area:   137.63㎡
延床面積/Gross floor area : 210.52㎡
規模/Dimension :      地上2階 2 stories above
構造/ Structure :      木造  Wooden
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      2004年4月 April2004

Y邸

 依頼者の要望は、回りから覗かれない2世帯住宅、
愛犬の充実した居場所作りと愛車の車庫も充実させ、車のイタリアンデザインに合う家にすることであった。
 着付けが趣味の夫人は和室を設ける事を希望していた。
敷地を有効活用する為に、外壁は境界線に対して並行に設け、そのことにより直角ではない角度の壁面が生まれた。異形な屋根や廊下は、この少しねじれて配置された空間によく合うものとなった。
 プライバシーを守るため中庭タイプのプランニングを採用した。道路側のファサードには開口部を減らし、その開口部からは樹木や遠くの山が望めるように配置した。またそれらの窓や、吹抜け部に設けられたトップライトから自然光が充分に室内に取りこめる設計とした。

 

Y House

 The dentist owner decided to build this house to have a decent place to park his new acquisition, his Ferrari. His wife wanted a Japanese room, not only to receive guests in a respectable traditional manner, but also to use it for her hobby which is tinting traditional Kimono cloth. And his third purpose for the new house was to provide comfortable living spaces for his parents who are getting old and the two dogs that have become very much part of his family as well. The location of the house is in Hachiouji, a suburb near Tokyo. 

 To protect privacy of the family, a courthouse type of planning was adopted. Reduced number of openings in the facade facing street was strategically set, catching views from the sides of a tree and distant mountain. From those strategically set windows and/or top-lights through void space and/or glass partition and horizontal glass top, maximum amount of lights pour into the interior.

 To maximize the court and the surrounding room floor areas, most of the wall are set parallel to the land limit which creates many slightly odd angles, not 90 degree, in the interior. The curved shaped ceiling, the curved shaped passage were designed to match this slightly twisted space configuration.

山田亀井邸/Yamada Kamei House

主要用途/Principal use :   別荘 Second House
所在地/Location :      鹿児島県姶良郡霧島町 
              Kirishima-cho Aira-gun Kagoshima
Pre.
敷地面積/Lot area :     604.89㎡
建築面積/Building area:   81.04㎡
延床面積/Gross floor area : 104.88㎡
規模/Dimension :      地上2階 2 stories above
構造/ Structure :      木造  Wooden
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      2002年4月 April2002

山田/亀井邸

別荘地に建つ専用別荘である。遠くは海と桜島が見えるが、隣接する濃い林が邪魔になって2階レベルからでないとその眺めを楽しめない。よって2階にリビングスペースを設け一階に個室群を集めた間取りとした。
 周辺の別荘がある程度気になるので建物の建っていない南面以外は開口部の少ない閉鎖的なファサードとした。
 また霧島という地名にふさわしく霧と小雨の多い地域なので、テラスを充分に楽しめるよ うに深い庇にし、周辺の別荘からの視線を防ぐために袖壁で囲んだ。

 

Yamada/Kamei House

It is a vacation house built in a resort estate in Kirishima, “Island of Mist”. The estate commands a magnificent southern view of the ocean and Sakurajima, a volcanic mountain. This picturesque view, however, is hindered by dense greenery at ground level
and therefore the layout is set to overcome the shortcoming by setting the living room and the dining room on the second floor, and the bedrooms on the first floor.
The elevations on the north, east and west sides are kept relatively closed to hide the views of the neighboring houses so as to create an exclusive ambience of the house and let it focus on the beauty of its southern view.
The premise being “Island of Mist”, the terrace extending from the living room is well covered with a deep set roof above to assure the pleasant time on the terrace even during the rainy days.
The privacy of the terrace is protected by the two sidewalls, enforcing the exclusive ambience of the house.

F邸/ F House

主要用途/Principal use :   住宅 House
所在地/Location :      熊本県熊本市春日 
              Kasuga Kumamoto-shi Kumamoto
Pre.
敷地面積/Lot area :     1315.78㎡
建築面積/Building area:   233.02㎡
延床面積/Gross floor area : 371.92㎡
規模/Dimension :      地上2階 2 stories above
構造/ Structure :      木造  Wooden
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      2001年3月 March2001

F邸

 敷地は2段の比較的平らな段にまたがる敷地であった。見晴らしのよい上部の段のほうが下の段より狭かったため開発申請と造成を行って、上部の段を広げながらクルマで乗り込めるように、敷地内にループ形の道を作った。ある意味で建物を設計する前に敷地をデザインした。
「別荘感覚の家、プライバシーが保たれているほっとする家」が施主からの要望の一つであった。室内空間だけではなく、テラス等の外部空間のプライバシーを考えて全体プランをコの字型にした。そして目隠し壁や、バルコニー、かなり前に突き出たテラス自体を利用してプライバシーの度合いをさらに高めた。逆にビューを最大限楽しむために南側の窓を目一杯あけた一方、不足な耐力壁を東西の耳のようにはり出させた。この袖壁から、更に開けた状態で、がらり雨戸を突き出させることによって外観のダイナミックなイメージを強調しようとした。

 

F House

 The owners of F-house, built on hills overlooking an extensive urban sprawl and the Kumamoto station with his bullet Kyushu train, can enjoy the natural scenery nearby from their charming wooden terrace. The lounge-dining room on the ground floor is set off by its large window connected to the outside terrace. The U-shape design of building allows its occupants to enjoy the feeling of being in the open air without relinquishing their privacy. The double-glazed window on the southern face blocks out ultraviolet rays. All the rooms have been fitted with under-floor heating, and the lounge-dining room also boasts a 24-hour automatic ventilation system. The distinctive modern design of this Japanese-style room endows the house with a special charm.
( Nasple & Asakura )

鶴園邸/Tsuruzono House

主要用途/Principal use :   別荘&アトリエ Second House & Atelier
所在地/Location :      東京都八丈島 Hachijyo-jima Tokyo
敷地面積/Lot area :     892.64㎡
建築面積/Building area:   105.68㎡
延床面積/Gross floor area : 168.38㎡
規模/Dimension :      地上2階 2 stories above
構造/ Structure :      鉄造  Steel
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      2000年9月 September2000

鶴園邸

塀がなく家や車にカギをかける習慣のない島、一日中ビーチサンダルですごせるトロピカルな環境。この開放感がこの別荘のメインテーマだった。

 居心地の良い風を楽しめる空間作りでありながらリラックスする週末や休日、プラン構成やインテリアのつくり込みにもある程度のおおらかさを求めた。ただし台風銀座とも言われている土地柄ということもあって、穏やかな気候の裏に見えかくれする自然の恐さに対する配慮への努力もおしまなかった。

麻布十番ビル/ Azabu-jyuban building

主要用途/Principal use :   集合住宅及び店舗 Apartment & Shop
所在地/Location :      東京都港区麻布十番
            Azabu-jyuban Minato-ku Tokyo
敷地面積/Lot area :     108.19㎡
建築面積/Building area:   77.14㎡
延床面積/Gross floor area : 524.98㎡
規模/Dimension :      地上8階地下1階 
               8 stories above 1 story underground

構造/ Structure :      SRC造  SRC
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      2000年6月 June2000

麻布十番

依頼者の要望は、都内でのセカンドハウス兼SOHOとしても借りる人たちの為に
仕事場としても使えるスタジオタイプの賃貸住宅のデザインとする事、また同時に電気容量やIT対応も検討する事だった。
 事務所としても使える賃貸住宅を含んだ複合集合住宅設計。そのことをふまえながら、次のような話を持ち掛けた。
 新物件は設備、仕上げ材など竣工時に、一番新しいものを導入しているということでアピールできるが、年月か経てばそれらは古くなりセールスポイントではなくなる。ところが自分の設計したプラニングでは容積率制限に対しより多くの建築ボリュームを建てられるメリットにプラスして、天井高さのある優雅な空間は永遠にその価値を保てる。
 納得の上で、それにかかる追加のコストを、遠い将来の為の投資として出してくれた。結果的には遠い投資でなく、3年後にオファーがあって、丸ごと建物を投資目的に欲しいと言ってきた会社にかなりの利益で売れたとニコニコしながら言ってくれた。