VITUPヘルスケアタウン~シニア住宅開発/ VITUP Healthcare Town ~Senior Care Housing Complex

主要用途/Principal use :       シニア住宅 Senior care house
所在地/Location :          大連 中国 Dalian China
延床面積/Gross floor area :     156000㎡
撮影/Photo :            GBS
共同設計/Collaborative design :   Altac
ランドスケープ/Landscape design : Equipe espace/Kiichi TANAKA

VITUP大連医療センター外来棟/  VITUP Medical Center Outpatient Bldg.

主要用途/Principal use :   病院 Hospital
所在地/Location :      大連 中国 Dalian China
延床面積/Gross floor area : 7700㎡
撮影/Photo :        GBS
竣工/Completion :      2017年 2017 

VITUP大連医療センター入院棟/  VITUP Medical Center Hospital Bldg.

主要用途/Principal use :   病院 Hospital
所在地/Location :      大連 中国 Dalian China
延床面積/Gross floor area : 9040㎡
撮影/Photo :        GBS
竣工/Completion :      2017年 2017 

VITUP大連医療センター温泉棟/  VITUP Medical Center SPA

主要用途/Principal use :   スパ SPA
所在地/Location :      大連 中国 Dalian China
延床面積/Gross floor area : 2100㎡
撮影/Photo :        VITUP,GBS
竣工/Completion :      2016年3月 March2016 

足立北病院/Adachi-kita Hospital

主要用途/Principal use :   病院 Hospital
所在地/Location :      東京都足立区保木間 Hokima Adachi-ku Tokyo
敷地面積/Lot area :     3642.42㎡
建築面積/Building area:   1638.45㎡
延床面積/Gross floor area : 4036.17㎡
規模/Dimension :      地上3階 3 stories above
構造/Structure :      RC造  RC
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      2015年8月 May2015 

犬山病院10期棟/Inuyama Hospital 10th

主要用途/Principal use :   病院 Hospital
所在地/Location :      愛知県犬山市 Inuyama Aichi Pre.
敷地面積/Lot area :     1770.50㎡
建築面積/Building area:   1991.54㎡
延床面積/Gross floor area : 5197.12㎡
規模/Dimension :      地上3階 3 stories above
構造/Structure :      RC造  RC
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      2015年2月 Febuary2015
設計協力/Cooperative :   株式会社 あい設計 AI SEKKEI

犬山病院9期棟/Inuyama Hospital 9th

主要用途/Principal use :   病院 Hospital
所在地/Location :      愛知県犬山市 Inuyama Aichi Pre.
敷地面積/Lot area :     13677.22㎡
建築面積/Building area:   1617.22㎡
延床面積/Gross floor area : 4744.14㎡
規模/Dimension :      地上4階 4 stories above
構造/Structure :      RC造  RC
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      2007年6月 June2007
設計協力/Cooperative :   清水建設 SHIMIZU CORPORATION

犬山病院9期棟

病院側からは 自然光と緑の感じられる建築 というテーマをあたえられた。9棟目となるこの建物で、動線計画的に、またデザイン的にちぐはぐ気味だった既存棟郡の統一性に少しでも貢献できる新築棟の設計につとめようとした。計画的には病院全体の現状導線、敷地利用や機能に対し検討提案をするだけでなく、全ての棟の将来の建て替えについてのシュミレーション計画を提示した。外観デザインの上は、病院全体に使われていた様々な仕上げ材や色等に対し、登場頻度の多いものを選び今回の外観設計に導入した。

 室内設計は、空間における患者さんの居場所と、空間の方向性、病状に置ける空間の影響を重視しようと思った。そのためのポイントとなったのが天井のデザインと色彩計画である。入院室の天井を切り妻屋根のような勾配天井にし、各ベッド周辺のプライベート感を高めた。デイルームや作業治療室の天井の勾配を南に向け、ユバーサルスペースとは逆の自然光が主張されるように、外の緑と風景が意識できる空間を描いた。このデイルームの天井と通路の壁等の色彩計画は、当病院の病状を持たない人でも迷う事のある迷路のような病院作りを避けるために、全体プランのシメトリーに方向性を与えるために計画した。つまりは左右のウイングの色合いを変えている。さらにこの色彩計画を各階の病状にあわせて変えている:1階の一番病状の軽い開放病棟と4階のリハビリ空間であるPTとOT室では、世の中に一番多く見られるトラディショナルなベージュ系で。社会に復帰する時期への準備段階の空間と位置づけている。2階の認知症棟にはビビッドな赤を基調にし、患者さん達をあえて刺激しようと思った。3階の急性棟では逆に患者さんを落ち着かせるためにグリーンを基調とした。そして、ナースステーション等のスタッフゾーンは共通で青を基調にまとめた:患者さんに対し、立ち入り禁止区域と意識させるゾーン、ユニフォームや就職活動スーツでよく登場する色であるように、自分をコントロールし組織に適合をする場だと患者さん達に問いかけるように。

 他にも何件か医療系の建物を手がけているが、この建物の設計する機会を与えられて、精神病院ほど建築が医療行為に強く関わっているビルディングタイプはないのではと思った:薬以外は、ほとんど患者の方々が空間の中で過ごす事そのもの医療行為だからである。そして我々建築家やデザイナーは視覚的なトリックを設計することが多い:空中に浮いているような構造、透明な建築、扉に見えない扉等々。これらのトリックは精神病院の設計では患者さん達を混乱させる結果になると思い、この設計手法を常に避けようと努力する中、少し縛られた状態で設計をしている気分がとても教訓となった。

 

Inuyama Hospital 9th

The building is the 9th additional annex building of the Inuyama Psychiatric Hospital in Nagoya.

 The function of each floors are an open-door care unit on the 1st floor, a dementia unit on the 2nd floor, an acute unit on the 3rd floor and physical therapy and occupational therapy facilities on the 4th floor. Symmetry plan with 2 wings of bedrooms have been adopted for being the most functional layout that also allows majority of rooms to have good natural light environment with a comforting view. To give the patients a feeling of having their own private place in this hospital, day-rooms and bedrooms are segmented by the pitch shaped ceiling design. Accent colors are also used to accentuate such special area categories, and to differentiate the left and right wing that would look otherwise too similar and could create a confusion to the patients.

 The color palette was also selected in accordance to the type of care provided on each floor: Orthodox beige color for the open-door care unit and occupational/physical therapy room, because patients using these area will soon be able to reintegrate into outside society. Red color for the dementia unit to cheer up the patients. And finally green for the acute unit to calm down the patients.

 Through designing this project, I found out 2 important factors in design particular to planning psychiatric hospital: In comparison with other medical architecture, the design including the color scheme and organization of the space contributes a lot to the care of the illness. And secondly, the design should not include any trick on space such as creating an illusion of floating space or making a door invisible, which we often use in designing other buildings. Such illusions would confuse the patients and it would have adverse effects on them.

K医院&住宅/ K Clinic & House

主要用途/Principal use :   医院 & 住宅 Clinic & House
所在地/Location :      渋谷区恵比寿 Ebisu Shibuya-ku Tokyo
敷地面積/Lot area :     152.96㎡
建築面積/Building area:   88.31㎡
延床面積/Gross floor area : 299.62㎡
規模/Dimension :      地上3階 3 stories above
構造/ Structure :      RC造  RC
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      1999年7月 July1999

K邸&医院

依頼者の要望:
医院併用住宅。患者用の駐車スペースを出来るだけ設ける。
また子供の為にグリーで少ししつらえた外部空間も欲しい…。
さらに愛車のスポーツカーの為にある程度のメカが備えられている車庫も欲しい。

 限られた敷地では、1階に眼科クリニックと車庫、上部住宅部分のエントランスを設けると、あとは患者用の駐車場部分しかスペースが取れない。
そのため、庭代わりのテラスを、シンボルツリー含め、2階に吊り構造で持ち上げた。
テラスとリビングは全面開放可能なガラス間仕切りでつなぎ、プライバシー確保の為にテラス外側を半透明のスクリーンで囲んだ。
そして隣地と接近している外壁には最低限の窓しか開けない設計にしながら、住宅の隅々までに自然光が注がれるように、家族の集まるダイニングはトップライト付きの大きな吹き抜けとし、逆側にもトップライト付きのガラス階段を設ける計画とした。

 

K house & clinic

This house, with its striking C-shape marks on the façade, evoking an eye-testing card, serves as both an ophthalmologic clinic and a private residence, right in the heart of Tokyo’s central Shibuya district. With the clinic located on the ground floor, the private areas of the house gradually reveal themselves over the course of the upper floors, with the living and dining rooms on the first floor and the private bedrooms on the second. Following a special request from the client, the architect Guen BERTHEAU-SUZUKI plaved a wild cherry tree on the terrace next to the living room, as symbol of the spot. The oval window looking on the semi-tranparent terrace seems like a painting, and provides an emblematic urban touch.

( Nasple & Asakura )

 

斎田医院&住宅/Saida Clinic & House

主要用途/Principal use :   医院 & 住宅 Clinic & House
所在地/Location :      神奈川県横浜市神奈川区六角橋 
               Kanabawa-ku Yokohanma-shi Kanagawa
Pre.
敷地面積/Lot area :     141.45㎡
建築面積/Building area:   112.44㎡
延床面積/Gross floor area : 433.85㎡
規模/Dimension :      地上5階 5 stories above
構造/ Structure :      鉄骨造  Steel
撮影/Photo :        Nacasa & Partners Inc.
竣工/Completion :      1998年7月 July1998

Saida Clinic & House

 The building is situated in a very popular commercial street in Yokohama area. Only the first floor is used as the clinic and the majority of the total floor area is used as the private residence of the owner doctor. However, I thought the building should have more of medical aspect than its residential aspect, and so I hid all the residential level with a translucent glass screen except a single opening in the shape of cross, the symbol of medicine. The function of the screen is not only to hide the residential level, but to protect it from the strong west sunshine, noise from the street, and to keep the privacy of the residence. Through the cross-shaped opening, one can have a peek at the bustle of the street from the family room, and the bathtub on the 4th floor.
A basket-like court on the top of the building lets you have a grand view of Mt. Fuji and the wonderful fireworks of Yokohama port in summer. 

 As for the interior of the building, many double height voids are interwoven like a space puzzle. The created voids compensate the disadvantage of the low height ceilings that many of a contemporary residence suffer due to the height limitation set by local regulations.